医学部の再受験のため、東京の予備校に通ったことについて

祖父が地元で病院を経営していた

医学部 再受験 予備校医学部受験の予備校比較なら 医学部予備校ガイド

祖父が地元で病院を経営していたため、小さいころから医者になるのが自分の夢でした。
両親も私が医者を目指していることは賛成してくれていたので、小学生の頃から塾や家庭教師など勉強に関わることは惜しまずにやらせてくれていました。
私を応援してくれる祖父母や両親のためにも夢を実現させようと日々勉強し、医学部の受験を迎えました。
ですが高校三年生の冬に受験した医学部はすべて不合格で、浪人することになってしまったのです。
あまりにもふがいない結果に祖父母にも両親にも顔向けできずにいましたが、みんな来年は合格できると言って励ましてくれました。
祖父も二浪して大学に合格したからお前はまだ大丈夫だよと言って勇気づけてくれました。
不合格の知らせを受けてからはしばらく勉強もやる気が起きず毎日に絶望していましたが、翌年再受験することを決め一年間しっかり勉強し直そうと立ち直りました。
両親が本格的な医学部受験のための勉強をするなら、予備校に通ったほうがいいのではと提案してくれました。
お金のことは心配しなくていいと言ってくれ、納得できる場所を選びなさいと言ってくれました。

祖父が地元で病院を経営していた | 上京して部屋を借り予備校に通うことに | 希望していた医学部に合格

東京の医学部を受験、予備校に通って的を絞って勉強できた

私は父が医者ということもあり、小さいころから医学部に行くという感じでレールができていたように感じます。 でも、改めて受験をしようと思った時に、実は数学が苦手で、どうにもならない状況でした。 中学から塾には通っていましたが、数学だけに力を入れていたわけでもないですし、その時には、どうにもならなかったら、文系でもいいかぐらいに思っていたので、あまり真剣に考えていなかったのです。
しかし、改めて進路を決めるという段階になり、やはり父と同じ道を志すことにしました。 そこで本気で受験勉強をしていかなければと思い、医学部専門の予備校を探すことにしました。 予備校は東京にたくさんありますし、私も東京に住んでいたので、通おうと思えばまあ、どこでも通える範囲ではあったのですが、 色々ありすぎてわからなかったので、まずはネットを利用してまとめて資料請求をしてみることにしました。 かなりの学校があることがわかり、選び方のポイントを抑えて、選択していかないといけないと思いました。
やはり合格率が高いところ、有名大学に合格した生徒が多いところの方が、ノウハウもあるし、授業も講師のレベルが高くわかりやすいかなとい感覚で、いくつか見学に行きました。
やはり、予備校によってカラーが違うのは、見学の段階でもなんとなくわかりました。 色々な学部を受験するという、目的もバラバラなところは、科目もそれぞれあり、たとえば国公立であれば5教科必要なので、 その人たちも受けるような数学、理科などのコースもありました。 しかし、やはり私立でなおかつ医学部という限定のところですと、本当に科目も限定されていたり、受ける学校のレベルに合わせてクラス編成がされていたりします。
比較的近くのところには、サテライトを利用したシステムのところもあり、通うのは便利なのですが、やはりわからないことが出てきたときに、すぐに質問ができる、生の事業を行っている、そしてクラス編成も少人数のところが自分には合っていると思いました。
私が選んだのは、医学部の受験のベテラン予備校です。 長年培ったノウハウがあるところは、やはり安心感もありますし、対策もかなり整っていて、カリキュラムとして比較をしてみても、ここなら安心して任せられる、ついていけると思いました。 塾の費用というのは、自分は学生なので、今まであまり意識をしたことが無かったのですが、親にお願いをする上で、一応色々見てみましたが、医学部の予備校の費用は、文系と比較すると高い傾向がありました。 でも、そもそも入学したら、さらに他よりもかかることを考えたら、そこは承知してくれるだろうという思いもあり、恵まれているかもしれませんが、あまり自分は学費のことは深く考えないようにしました。
個別のカリキュラムを組んでもらうことができるところで、それに応じて学習を進めていくことが出来ました。 苦手な数学を特に力を入れることができ、分からないところはすぐに質問、そして補習も行ってくれるところでした。 講師と生徒の距離も近く、勉強に関する悩みなども気軽に話せたり相談に乗ってもらうことができたので助かりました。 高校のテストに関しても、数学は数か月でかなり上がり、自分でもびっくりしてしまったほどです。 模試も頻繁にあり、同じ学校を目指す人と自分を比較することもできましたし、受験に対してどんどんモチベーションもあげていくことができました。
医学部を得意とする、またそれを専門的に行っているところは、やはりカリキュラムが限定されていて的を絞って行っていくことができますし、ノウハウもありますので、安心して任せることが出来ましたし、私も無事合格することが出来ました。