医学部の再受験のため、東京の予備校に通ったことについて

希望していた医学部に合格

再受験の時期が近くなってくると、勉強の内容も受験対策が主になりました。
独学で勉強していた時は受験対策が不十分だったのだと、この時実感しました。
試験の傾向や対策については予備校の方でまとめてくれていたので、私はそれを勉強するだけでよかったので無駄な時間を使う必要がなかったのもありがたかったです。
またクラスの周囲の人の気迫もどんどん変化してくるので、私も負けていられないと思うことができました。
この時期は辛いと感じることも多かったですが、同じように頑張っている人が身近にいるだけで励まされました。
きっと一人では辛くても耐えられなかったと今では思います。
講師の先生方もみんな私たちのことを励まし、いつも指導してくれました。
休憩時間でも教室に残ってくれた先生もいて、いつでも質問ができるような環境を整えてくれていました。
辛い時私が先生に弱音を言ってしまった時も親身になって相談に乗ってくれたり、先生方には精神的にも助けてもらいました。
再受験では無事に希望していた医学部に合格することができました。
夢に一歩近づくことができ、本当に良かったです。

祖父が地元で病院を経営していた | 上京して部屋を借り予備校に通うことに | 希望していた医学部に合格